二輪車トップ > スズキレーシングレポート > MotoGP 第7戦 カタルニアGP 決勝
スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2019 MotoGP
ROUND 12 08.25 イギリスGP
ROUND 13 09.15 サンマリノGP
ROUND 14 09.22 アラゴンGP
ROUND 15 10.06 タイGP
ROUND 16 10.20 日本GP
ROUND 17 10.27 オーストラリアGP
ROUND 18 11.03 マレーシアGP
ROUND 19 11.17 バレンシアGP
鈴鹿8時間耐久ロードレース
MotoGP 日本グランプリ
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2019年6月16日
MotoGP 第7戦 カタルニアGP 決勝
場所:スペイン バルセロナ・カタルニアサーキット

大荒れのカタルニアGP決勝でリンスが4位、ミルはMotoGPクラス自己最高の6位に
• アレックス・リンスは表彰台圏内を走行中にコースアウトも、見事なセーブでコースに復帰
• ジョアン・ミルはMotoGPクラス自己最高のリザルトを記録
• チームスズキエクスターは充実の1日を終え、明日のテストに備える
開催70周年目の記念イベントとなる2019年MotoGP第7戦カタルニアGP決勝は、歴史あるカタルニアサーキットでの熱い戦いを見逃すまいと世界各地から駆けつけた多くの熱狂的ファンに囲まれてシグナルオフ。しかし路面温度が上がったサーキットでは予想外の展開が待ち受け、24人のうち11人のライダーがリタイアとなった。

チームスズキエクスターの3人のライダーはそれぞれ24周のレースに全神経を集中させてスタートし、アレックス・リンス、ジョアン・ミルは3列目、4列目グリッドから好スタートを決める。最初の大きなドラマは決勝スタート2周目に起こり、トップグループの4台が同時に転倒。この転倒によりリンスは一気に4番手にポジションを上げ、前を走るペトルッチ(ドゥカティ)を激しく追いかけて2番手へのポジションアップを狙う。トップグループ4台の転倒によりポジションを上げたのはチームメイトのミルも同様で、トップグループから僅かに遅れるも6番手につけ、虎視眈々とオーバーテイクのチャンスを狙いながら走行。ミルは決勝終盤になってもペースを落とすことなく安定した走りで6位ゴール。MotoGPクラス自己ベストリザルトを記録した。

リンスはペトルッチとの激しい2番手争い中、1コーナーでオーバーテイクの際に接触しそうになり、それを避けてコースオフ。しかし見事なセーブで転倒を免れ、僅かなロスでコースに復帰。このコースオフで7番手まで順位を落とすも、残り周回を最後までアグレッシブに攻め続け4位でフィニッシュ。貴重な13ポイントを獲得した。

シルバン・ギントーリは大荒れのレースの中、淡々と走行を重ね、13位でチェッカー。明日はサーキットに残り、リンス、ミルと共に1日テストを行う。


河内 健 テクニカルマネージャー
「良いレースでもありましたが同時に悔しいレースでもありました。良かったことはワイルドカードのシルバンも含め、チームの3人のライダーが全員ポイント圏内を完走できたことです。特にジョアンは非常に良いパフォーマンスを見せてくれ、6位というこれまでの自己ベストの成績を挙げてくれました。彼の成長が見られて大変嬉しく思いますし、この調子で成長を続けていってくれればと思います。一方アレックスですが、皆が最低でも表彰台を期待していたと思うので、そういった意味では非常に残念なレースでしたが、しっかり4位で完走してポイントを重ねてくれましたし、次のレースに期待したいと思います。今週末はテストチームから沢山の助けをもらってレースをすることができました。今後もテストチームと共に一緒にマシンの性能を高め、さらに上を目指したいと思います。ありがとうございます。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「チームの3人のライダー皆に対し、素晴らしいレースをしてくれたことに感謝しています。アレックスはタイヤのフィーリングに苦しみながらも最後まで諦めず、本当に強い戦いを見せてくれました。多くのライダーが転倒し、ラッキーだった部分もあったとは思いますが、苦戦のレースで4位という結果を残せたことをポジティブに受け止めたいと思っています。そして今日はジョアンがカタール以来再びトップグループで走るのを見ることができ、とても嬉しかったです。ここまでの自己ベストのリザルトを獲得することができて、きっと本人の大きな自信に繋がったことでしょう。そしてワイルドカード参戦のシルバンはいつも通りの素晴らしい仕事をしてくれ、さらにチームにポイントももたらせてくれました。全てが期待通りの結果だったとは言い難いですが、我々にとってポジティブな週末だったと言えるでしょう。」

アレックス・リンス
「この週末はマシンも自分自身も調子が良くて、良い結果を残す自信があっただけに、今日の結果には正直残念な気持ちだよ。でもレース中に抱えていた問題を考慮すると結果はさほど悪くなかったとも思う。ロレンソがトップグループの何台かを巻き込んで転倒したのは残念だったね。結果的にそれがマルケスを優位にしてしまうことになったし。決勝は路面温度がかなり上がったためにタイヤのグリップが悪くて、自分の場合は特に右コーナーで苦戦してうまく走れなかった。作戦では良いスタートを切ってマルケスについていくつもりだったんだけどね。思い通りにはいかなかったけど、それでも4位でフィニッシュできたから、今日のところはそれで良しとするよ。」

ジョアン・ミル
「決勝は路面温度がかなり上がって難しいレースだった。レースをきっちりマネージメントするために、序盤の数周はとにかくタイヤをうまくセーブする走りをしたんだ。今日みたいな走りとレースマネージメントをシーズン中ずっと続けていけば、経験と自信が確実についてくると思っている。今日はカタール以来の納得のレースだったし、上位でフィニッシュすることができて本当に嬉しいよ。明日のテストで再び色々なことを試し、もっともっと学んでいかなくちゃね。」

シルバン・ギントーリ
「路面のグリップが低くてスライドしやすかったから、レースは簡単じゃなかったね。スライド自体は楽しくもあったけど、速く走るには支障になったし、安定した走りをするのも難しかった。スタートはあまりうまくいかなかったけど、オリベイラとのバトルを楽しむことができたし、ポイントを獲得してチームに貢献できたことが嬉しいね。とにかくこうやってまたGSX-RRでレースすることができたことが最高だよ。」

MotoGP 第7戦 カタルニアGP 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA40'31.175
220F・クアルタラロPetronas Yamaha SRTYAMAHA+2.660
39D・ペトルッチMission Winnow DucatiDUCATI+4.537
442アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+6.602
543J・ミラーPramac RacingDUCATI+6.870
636ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+7.040
744P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM+16.144
830中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA+17.969
953T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI+22.661
105J・ザルコRed Bull KTM Factory RacingKTM+26.228
1129A・イアンノーネAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+32.036
1288M・オリベイラRed Bull KTM Tech 3KTM+44.666
1350シルバン・ギントーリTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+51.363
DNF35C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA6Laps
DNF21F・モルビデリPetronas Yamaha SRTYAMAHA8Laps
DNF63F・バグナイアPramac RacingDUCATI19Laps
DNF55H・シャーリンRed Bull KTM Tech 3KTM21Laps
DNF46V・ロッシMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA22Laps
DNF4A・ドビツィオーゾMission Winnow DucatiDUCATI22Laps
DNF12M・ビニャーレスMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA23Laps
DNF99J・ロレンソRepsol Honda TeamHONDA23Laps
DNF41A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA23Laps
DNF17K・アブラハムReale Avintia RacingDUCATI0Lap
DNF38B・スミスAprilia Factory RacingAPRILIA0Lap
MotoGP ポイントランキング(第7戦 カタルニアGP終了時)
順位ゼッケンライダーチーム名メーカーポイント
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA140
24A・ドビツィオーゾMission Winnow DucatiDUCATI103
342アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI101
49D・ペトルッチMission Winnow DucatiDUCATI98
546V・ロッシMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA72
643J・ミラーPramac RacingDUCATI53
720F・クアルタラロPetronas Yamaha SRTYAMAHA51
830中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA48
944P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM47
1035C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA42
1112M・ビニャーレスMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA40
1221F・モルビデリPetronas Yamaha SRTYAMAHA34
1341A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA27
1436ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI22
1599J・ロレンソRepsol Honda TeamHONDA19
165J・ザルコRed Bull KTM Factory RacingKTM16
1788M・オリベイラRed Bull KTM Tech 3KTM12
1829A・イアンノーネAprilia Racing Team GresiniAPRILIA12
1951M・ピロMission Winnow DucatiDUCATI9
2063F・バグナイアPramac RacingDUCATI9
2153T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI9
226S・ブラドルTeam HRCHONDA6
2350シルバン・ギントーリTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI3
2417K・アブラハムReale Avintia RacingDUCATI2
2555H・シャーリンRed Bull KTM Tech 3KTM2
2638B・スミスAprilia Factory RacingAPRILIA