二輪車トップ > スズキレーシングレポート > MotoGP 第7戦 カタルニアGP 予選
スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2019 MotoGP
ROUND 17 10.27 オーストラリアGP
ROUND 18 11.03 マレーシアGP
ROUND 19 11.17 バレンシアGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2019年6月15日
MotoGP 第7戦 カタルニアGP 予選
場所:スペイン バルセロナ・カタルニアサーキット

カタルニアGP予選はリンス、ミル共に好調なパフォーマンスを見せる
• アレックス・リンスは予選で転倒を喫すも、常に安定した速いペースで好調ぶりをアピール
• ジョアン・ミルは快調なリズムを刻みQ2進出
• チームスズキエクスターはライダー3人体制でカタルニアGP決勝に臨む
カタルニアGP2日目は予想を超えるタイトな接近戦の展開となり、まさに目を見張る戦いが続く1日になった

チームスズキエクスターのアレックス・リンス、ジョアン・ミルは、共に前日のポジティブなフィーリングを継続すべく朝のFP3に臨んだ。ダイレクトQ2進出を賭けてのタイム争いは予想以上に熾烈な展開となり、トップから17台が1秒以内という僅差でセッションが終了。またトップから10番手までは僅か0.402秒差という稀に見る激しいバトルはリンスが1’39.547でトップを制す。ミルもセッション中何度かトップ10 に名を刻むも、ラスト数分でポジションダウンし、14番手でセッションを終了。

午後のFP4ではワイルドカードでレース参戦するテストライダーのシルバン・ギントーリを加えた3人のスズキライダーがそれぞれ決勝に向けマシンの最終セットアップとタイヤチェックを行った。

2台だけのQ2行きのチャンスを賭けたQ1セッションではジョアン・ミルが終始強いパフォーマンスを見せて2番手でセッションを終え、ミルは久しぶりにQ2チャレンジのチャンスを得る。ギントーリはこのセッションを13番手で終え、決勝グリッドは23番手となった。

Q2はさらにスリリングなセッションとなり、12人のライダーが何度も順位を入れ替える激しいタイム争いが続くが、リンスは安定した速いペースで常に上位に名を刻み続ける。しかしピットイン後2度目のタイムアタックに入り、ベストラップをマークしていた際に10コーナーで転倒を喫してピットイン。8番手までポジションを落とし、悔しいセッション終了となった。久しぶりのQ2チャレンジとなったミルは11番手でセッションを終え、決勝はチームメイト・リンスの一列後方、4列目からのスタートとなる。


ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「この週末はチームもライダーも素晴らしい仕事ぶりを見せてくれていますし、アレックスはウィークを通して本当に安定した速さで、非常に前向きな状況だと捉えています。アレックスの予選での転倒は残念でしたが、転倒がなければ間違いなくもっと上位でセッションを終えることができたでしょう。ジョアンも今日はQ2行きを果たしましたし、予選を11番手で終えたこともチームとしては非常に喜ばしいことだと思っています。ライダーふたりが揃って好調なので、明日の決勝が本当に楽しみです。」

アレックス・リンス
「予選で転倒してしまったことが本当に悔やまれるよ。マシンのフィーリングも自分自身もかなり好調だから、今日はなんとしてでもフロントローを獲得したかった。転倒してしまったアタックラップは前半ふたつのセクターでベストタイムをマークしていただけに悔いが残るけど、肝心なのは明日の決勝結果。自信もあるし、ここは僕のホームGPだから最高の結果で終えたいね。」

ジョアン・ミル
「今日は久しぶりにQ2進出できたことが何よりも嬉しかった。FP4ではチームも僕自身も決勝に向けてポジティブなデータ収集もできたし、本当にチームの皆の努力に感謝しているよ。予選ではタイヤ選択を誤って11番手で終わってしまったけど、グリッド位置は悪くないと思っている。明日の決勝でどこまで順位を上げることができるか楽しみだね。」

シルバン・ギントーリ
「午後は路面温度が上がってタイヤのグリップが落ちたけど、2度目のピットアウトではレースタイヤで安定したペースが刻めたし、トップからの差もそれほど大きいわけじゃないからまずまずな結果なんじゃないかな。マシンのフィーリングは良いけど、決勝での目標はあくまでも現状のベストを尽くしつつ、完走してしっかりデータを取ることだと思っているよ。いつも通り決勝はかなりタフな展開になるだろうけどね。」

MotoGP 第7戦 カタルニアGP 予選結果
順位ゼッケンライダーチーム名タイムトップ差
120F・クアルタラロPetronas Yamaha SRT1'39.484-
293M・マルケスRepsol Honda Team1'39.4990.015
312M・ビニャーレスMonster Energy Yamaha MotoGP1'39.7100.226
421F・モルビデリPetronas Yamaha SRT1'39.7110.227
546V・ロッシMonster Energy Yamaha MotoGP1'39.7530.269
64A・ドビツィオーゾMission Winnow Ducati1'39.7770.293
79D・ペトルッチMission Winnow Ducati1'39.8440.360
842アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTAR1'39.8700.386
935C・クラッチローLCR Honda CASTROL1'40.1510.667
1099J・ロレンソRepsol Honda Team1'40.1990.715
1136ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTAR1'40.2400.756
1244P・エスパルガロRed Bull KTM Factory Racing1'40.4250.941
1363F・バグナイアPramac Racing1'40.167(Q1)
1443J・ミラーPramac Racing1'40.271(Q1)
1517K・アブラハムReale Avintia Racing1'40.349(Q1)
1630中上 貴晶LCR Honda IDEMITSU1'40.362(Q1)
1741A・エスパルガロAprilia Racing Team Gresini1'40.400(Q1)
185J・ザルコRed Bull KTM Factory Racing1'40.427(Q1)
1953T・ラバットReale Avintia Racing1'40.682(Q1)
2088M・オリベイラRed Bull KTM Tech 31'40.752(Q1)
2155H・シャーリンRed Bull KTM Tech 31'40.839(Q1)
2238B・スミスAprilia Factory Racing1'41.232(Q1)
2350シルバン・ギントーリTeam SUZUKI ECSTAR1'41.270(Q1)
2429A・イアンノーネAprilia Racing Team Gresini1'41.748(Q1)