二輪車トップ > スズキレーシングレポート > MotoGP 第6戦 イタリアGP 決勝
スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2019 MotoGP
ROUND 14 09.22 アラゴンGP
ROUND 15 10.06 タイGP
ROUND 16 10.20 日本GP
ROUND 17 10.27 オーストラリアGP
ROUND 18 11.03 マレーシアGP
ROUND 19 11.17 バレンシアGP
MotoGP 日本グランプリ
鈴鹿8時間耐久ロードレース
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2019年6月2日
MotoGP 第6戦 イタリアGP 決勝
場所:イタリア ムジェロサーキット

大接戦のイタリアGPでリンスが激戦の末4位フィニッシュ
• アレックス・リンスはラストラップまで激しいトップ争いを繰り広げ、4位でチェッカー
• ジョアン・ミルはコースアウトで後退を余儀なくされるも12位までポジションを上げてゴール
• チームスズキエクスターはハードワークの成果を証明
2019年MotoGP第6戦イタリアGP決勝は、ムジェロサーキットを84,000人の熱狂的MotoGPファンが埋め尽くし、例年通り興奮の渦に包まれてスリリングなスタートを切った。

午前のウォームアップセッションではジョアン・ミル、アレックス・リンス共に有益な改善を見いだし、ミル2番手、リンス4番手と上位ポジションでセッションを終了。

アップダウンに富むテクニカルなサーキットでの23周の激しい決勝レースは、リンス、ミル共にフロントハード、リアミディアムのタイヤコンビネーションを選択。ふたりのライダーは後方グリッドからのスタートながら、揃って好スタートを決め、リンス7番手、ミル13番手で1周目を通過。

ルーキーのミルは好ペースで追撃体制に入るも、5周目に他車と接触しグラベルにコースアウト。しかしその後も猛追撃を緩めることなく12位までポジションを上げ、カタールGP以来のポイントを獲得する。

リンスは決勝開始後2周目にはトップグループにジャンプイン。残り14周目にはトップに立ってレースをリードし、トップグループ5台で激しい順位争いが繰り広げられる。ミラー(ドゥカティ)が転倒後は4台のトップ争いとなり、バトルは最終ラップまで止むことなく息を飲む展開が続く。リンスは最終ラップの最終コーナーで最後の仕掛けに挑むも僅差で敗れ、4位でチェッカーを受けてチャンピオンシップは3位に留まることとなった。


河内 健 テクニカルマネージャー
「昨日の予選順位を考えると、今日のアレックスは素晴らしいレースをしてくれたと思います。今回のレースは我々のマシンのポジティブな部分とネガティブな部分が明確に分かり、ネガティブなポイントに対してはアレックスに非常に申し訳なかったと思っています。我々も最大限努力してさらにマシンのポテンシャルを上げ、今回の上位ライダーを倒せるようにしていきたいと思います。ジョアンに関しては開幕戦以来のポイント圏内の完走だったので、それは非常に良かったですし、接触、コースアウトがなければさらに上位が狙えたと思うので、今日は久しぶりにふたりが揃ってポイント圏内でレースを終えたことをポジティブに捉えたいと思います。これからも安定してこのような成績を残せるよう努力を続けていきますので、変わらぬ応援をよろしくお願いします。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「アレックスは13番手グリッドから脅威のオーバーテイクを続け、本当に素晴らしいレースをしてくれました。しかし、彼が全てを出し切っても表彰台に届くことができず、彼に対して残念で申し訳ない気持ちでもあります。しかし今日のレースで我々のポテンシャルを再び証明することができましたし、我々のマシンと相性の良いサーキットでは必ず結果が残せると思っています。ジョアンも20番手グリッドから12位まで順位を上げてゴールし、今日は久しぶりにふたりのライダーが揃ってポイントを獲得してくれました。他車との接触、コースアウトがなければ、ジョアンはさらに上の順位でゴールすることができたと思うので、ふたりのライダーのパフォーマンスに非常に満足しています。」

アレックス・リンス
「予選グリッドがもっと良かったとしても、今日はこれ以上のリザルトを残せたとは思わない。オープニングラップでかなりのライダーをオーバーテイクしたのに、ストレートで毎周オーバーテイクされてどうすることもできなかったからね。このサーキットでこういう展開になることは予想していたけど、毎周全力で闘ったのに表彰台に届くことができなかったことが本当に残念さ。とにかく今日はスタートからゴールまで100%の力を出し切って戦ったし、ラストラップの最終コーナーで最後のチャンスを賭けてドビツィオーゾに仕掛けたけど、オーバーテイクは叶わなかった。でもチャンピオンシップを考えれば今日の4位は悪くないと思っているよ。」

ジョアン・ミル
「望んでいた順位には遠いし、この週末のポテンシャルを出し切った結果とは言い難いけど、とにかく久しぶりにポイントを獲得できたことが嬉しいよ。他車との接触でコースアウトしてしまい、7秒ほどロスしてしまったせいでトップ10入りのチャンスを逃してしまったけど、今週末チームが素晴らしい仕事をしてくれたお陰でマシンのフィーリングがかなり向上し、レースを楽しむことができた。これから結果がついてくるだろうと信じているよ。」

MotoGP 第6戦 イタリアGP 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
19D・ペトルッチMission Winnow DucatiDUCATI41'33.794
293M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA+0.043
34A・ドビツィオーゾMission Winnow DucatiDUCATI+0.338
442アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+0.535
530中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA+6.535
612M・ビニャーレスMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+7.481
751M・ピロMission Winnow DucatiDUCATI+13.288
835C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA+13.937
944P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM+16.533
1020F・クアルタラロPetronas Yamaha SRTYAMAHA+17.994
1141A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+20.523
1236ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+20.544
1399J・ロレンソRepsol Honda TeamHONDA+20.813
1417K・アブラハムReale Avintia RacingDUCATI+27.298
1529A・イアンノーネAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+28.051
1688M・オリベイラRed Bull KTM Tech 3KTM+30.101
175J・ザルコRed Bull KTM Factory RacingKTM+41.857
DNF43J・ミラーPramac RacingDUCATI8Laps
DNF63F・バグナイアPramac RacingDUCATI12Laps
DNF55H・シャーリンRed Bull KTM Tech 3KTM14Laps
DNF46V・ロッシMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA16Laps
DNF21F・モルビデリPetronas Yamaha SRTYAMAHA18Laps
-53T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI-
MotoGP ポイントランキング(第6戦 イタリアGP終了時)
順位ゼッケンライダーチーム名メーカーポイント
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA115
24A・ドビツィオーゾMission Winnow DucatiDUCATI103
342アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI88
49D・ペトルッチMission Winnow DucatiDUCATI82
546V・ロッシMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA72
643J・ミラーPramac RacingDUCATI42
735C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA42
812M・ビニャーレスMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA40
930中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA40
1044P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM38
1121F・モルビデリPetronas Yamaha SRTYAMAHA34
1220F・クアルタラロPetronas Yamaha SRTYAMAHA31
1341A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA27
1499J・ロレンソRepsol Honda TeamHONDA19
1536ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI12
165J・ザルコRed Bull KTM Factory RacingKTM10
1751M・ピロMission Winnow DucatiDUCATI9
1863F・バグナイアPramac RacingDUCATI9
1988M・オリベイラRed Bull KTM Tech 3KTM8
2029A・イアンノーネAprilia Racing Team GresiniAPRILIA7
216S・ブラドルTeam HRCHONDA6
2217K・アブラハムReale Avintia RacingDUCATI2
2355H・シャーリンRed Bull KTM Tech 3KTM2
2453T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI2
2538B・スミスAprilia Factory RacingAPRILIA