二輪車トップ > スズキレーシングレポート > MotoGP 第2戦 アルゼンチンGP 決勝
スズキレーシングレポート
トップ ロードレース世界選手権 全日本ロードレース選手権 全日本モトクロス選手権
2019 MotoGP
ROUND 10 08.04 チェコGP
ROUND 11 08.11 オーストリアGP
ROUND 12 08.25 イギリスGP
ROUND 13 09.15 サンマリノGP
ROUND 14 09.22 アラゴンGP
ROUND 15 10.06 タイGP
ROUND 16 10.20 日本GP
ROUND 17 10.27 オーストラリアGP
ROUND 18 11.03 マレーシアGP
ROUND 19 11.17 バレンシアGP
鈴鹿8時間耐久ロードレース
MotoGP 日本グランプリ
TEAM.SUZUKI
SUZUKI MotoGP Youtube
スズキ株式会社 国内二輪 Twitter公式アカウント
MotoGP
2019年3月31日
MotoGP 第2戦 アルゼンチンGP 決勝
場所:アルゼンチン テルマス・デ・リオ・オンド

アルゼンチンGPはリンスが鮮やかなパフォーマンスで5位フィニッシュ
• アレックス・リンスは予選後方ポジションから素晴らしいリカバリーでトップ5フィニッシュ
• ジョアン・ミルはリアグリップの問題によりリタイヤ
• チームスズキエクスターはさらにモチベーションを高めて次戦に
アルゼンチンGP決勝日を迎えたテルマス・リオ・デ・オンドサーキットは朝から多くの熱狂的なファンに囲まれ、緊張と興奮に包まれた。チームスズキエクスターライダーのアレックス・リンス、ジョアン・ミルは共に土曜の予選で苦戦するも、朝のウォームアップは好ペースで走行。共に迎える決勝への士気を高める。

決勝スタート時には路面温度が41℃まで上昇し、タイヤマネージメントが大きな鍵となる中、オープニングラップはリンス12番手、ミル13番手とそれぞれポジションを上げる。

リンスは得意なサーキットで高いモチベーションを見せ、序盤から終盤まで猛追撃を緩めることなく、ベストラップを更新した直後、残り10周でトップグループの最後尾に。その後もスムーズかつ冷静なライディングでトップグループの中で着々とポジションを上げ、表彰台こそ逃すも、予選ポジションから11番手順位を上げて5位でレースを終えた。

一方ルーキーのミルは素晴らしいスタートを切ってポジションを大きく上げるも、直後リアタイヤのグリップに問題が生じ、レース終盤自らGSX−RRをピットインさせ、アルゼンチンGPをリタイヤした。


河内 健 テクニカルマネージャー
「昨日の予選結果は非常に残念なものでしたが、今日はアレックスがそれを挽回する結果を出してくれました。このサーキットは我々のマシンと比較的相性が良く、表彰台を取れる力があったと思うので、それを考えれば満足とは言えませんが、昨日の状態からここまで巻き返してくれたライダー、チームスタッフに感謝します。次のレースではウィークを通して強いポジションでいられるようにさらに上を目指していきたいと思います。ジョアンに関しては、決勝で彼のパフォーマンスを充分発揮することができなかったので、原因をしっかり調査して次に繋げていきたいと思います。」

ダビデ・ブリビオ チームマネージャー
「アレックスは後方から猛追撃の追い上げをして、一時は表彰台も見える位置までポジションを上げる素晴らしいパフォーマンスを見せてくれました。今回はグリッドポジションが後方だったので巻き返しに苦労してしまいましたが、それでも決勝日の今日は我々のポテンシャルを充分に見せることができたと思っています。一方のジョアンはリアタイヤの問題に見舞われてしまい、リタイヤとなってしまいました。彼にはとても申し訳なく、非常に残念ですが、しっかりと原因を追求し、次戦でまた存分に力を発揮してもらいたいと思っています。」

アレックス・リンス
「信じられないようなレースだったよ。路面が滑りやすくて本当に難しいコンディションだったのに、レースを通して一度もミスしなかったのは奇跡さ。今日はかなり後方からスタートしたせいで追い上げに時間を費やしてしまったから、次戦からはとにかく予選ポジションを上げなくちゃいけないね。いずれにしても今日の結果には自分もチームも満足しているよ。」

ジョアン・ミル
「スタートがうまく行ってアレックスの真後ろにつけたから、そのままアレックスに従ってグループについて行って彼の走りを学びたいと思っていたんだけど、スタート直後からリアタイヤのグリップに異常を感じていて、それがどんどん酷くなっていったから自らピットインしたんだ。僕のレースキャリアで自分からピットインしてレースを終えたのは今日が初めてだったから、ちょっと残念な気持ちだけど仕方ないね。気持ちを入れ替えてまた次戦で頑張るよ。」

MotoGP 第2戦 アルゼンチンGP 決勝結果
順位ゼッケンライダーチーム名メーカータイム/トップ差
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA41'43.688
246V・ロッシMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA+9.816
34A・ドビツィオーゾMission Winnow DucatiDUCATI+10.530
443J・ミラーAlma Pramac RacingDUCATI+12.140
542アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI+12.563
69D・ペトルッチMission Winnow DucatiDUCATI+13.750
730中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA+18.160
820F・クアルタラロPetronas Yamaha SRTYAMAHA+20.403
941A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+25.292
1044P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM+25.679
1188M・オリベイラRed Bull KTM Tech 3KTM+25.855
1299J・ロレンソRepsol Honda TeamHONDA+27.497
1335C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA+31.398
1463F・バグナイアAlma Pramac RacingDUCATI+32.893
155J・ザルコRed Bull KTM Factory RacingKTM+33.372
1655H・シャーリンRed Bull KTM Tech 3KTM+35.545
1729A・イアンノーネAprilia Racing Team GresiniAPRILIA+38.238
DNF12M・ビニャーレスMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA1Lap
DNF21F・モルビデッリPetronas Yamaha SRTYAMAHA1Lap
DNF36ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI4Laps
DNF53T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI10Laps
DNF17K・アブラハムReale Avintia RacingDUCATI11Laps
MotoGP ポイントランキング
順位ゼッケンライダーチーム名メーカーポイント
193M・マルケスRepsol Honda TeamHONDA45
24A・ドビツィオーゾMission Winnow DucatiDUCATI41
346V・ロッシMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA31
442アレックス・リンスTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI24
59D・ペトルッチMission Winnow DucatiDUCATI20
635C・クラッチローLCR Honda CASTROLHONDA19
730中上 貴晶LCR Honda IDEMITSUHONDA16
843J・ミラーAlma Pramac RacingDUCATI13
941A・エスパルガロAprilia Racing Team GresiniAPRILIA13
1044P・エスパルガロRed Bull KTM Factory RacingKTM10
1112M・ビニャーレスMonster Energy Yamaha MotoGPYAMAHA9
1220F・クアルタラロPetronas Yamaha SRTYAMAHA8
1336ジョアン・ミルTeam SUZUKI ECSTARSUZUKI8
1499J・ロレンソRepsol Honda TeamHONDA7
1588M・オリベイラRed Bull KTM Tech 3KTM5
1621F・モルビデッリPetronas Yamaha SRTYAMAHA5
1729A・イアンノーネAprilia Racing Team GresiniAPRILIA2
1863F・バグナイアAlma Pramac RacingDUCATI2
195J・ザルコRed Bull KTM Factory RacingKTM2
2055H・シャーリンRed Bull KTM Tech 3KTM 
2117K・アブラハムReale Avintia RacingDUCATI 
2253T・ラバットReale Avintia RacingDUCATI 
2338B・スミスAprilia Factory RacingAPRILIA