RM-Z450

  • 販売店検索
  • 展示車・試乗車検索
  • イベント
  • カタログ請求
  • TeamSUZUKI 小島庸平選手 IA1クラス 2015チャンピオン獲得スペシャルムービー

RM-Z450は、プロダクトコンセプトである「The Winning Balance」のもと、
最高のパフォーマンスを発揮するために、「走る」、「曲がる」、「止まる」の
3つの基本性能の向上を図りました。
この3要素に優れることが、勝利には不可欠です。
RM-Z450デビューから14年、AMAスーパークロスおよびAMAモトクロス選手権での
5タイトルを含み、世界選手権、及び世界中のレースで26のタイトルを獲得しました。
新型RM-Z450は、進化したエンジンと電子制御、新設計のフレーム、
そしてスタイリングも一新し、さらなる高みを目指します。

先進のファクトリースタイル

新型RM-Z450のフロントフェンダーからラジエターシュラウドまでつながるダイナミックなラインは、モトクロスGPマシンと同様のキャラクターライン。
その特徴であるデザインを強調する新グラフィックデザインを採用。
スズキチャンピオンイエローに輝くRM-Z450は圧倒的な存在感を放つ。
新しいシート形状も、スタイリング全体を際立たせると同時に、シッティングとスタンディングのポジションの移動をスムーズにする。
乗りやすく、走りやすいことこそ、勝利へのアドバンテージとなる。

スズキ ホールショット アシスト コントロール(S-HAC)

スタートダッシュからの鮮やかなホールショット。
ホールショットを奪うことが、その後のレースを有利に展開する。
スロットルポジション、ギヤポジションの情報により、点火タイミングを調整してエンジン出力を最適化し、優れたスタートダッシュ性能を発揮する。

S-HAC のモードセレクトスイッチはハンドルバー左側に配置され、速やかな操作が可能です。

S-HAC の特徴は、
1)スタートに際し、点火タイミングを最適化することで効果的なスタートダッシュをアシストする。
2)路面状況に合わせて、2種類のモードから任意に選択が可能。(OFFモード付)
● 硬い路面、あるいは滑りやすい路面のスタート時には、Aモードを選択する。
 マシンが動き出す瞬間の点火タイミングを最適化することでタイヤスリップを軽減、その結果スムーズで安定した加速が可能となる。
 その後、スタートから6秒が経過したとき、またはギヤを5速に入れた時、スロットルを閉じた時、以上いずれかの最初のタイミングで、Aモードは自動的にOFFモードに切り替わる。
 Aモードのプログラムはスタート直前の回転数をより合わせやすいように更新された。
● 路面状況が良好でトラクションにも不安がない場合、あるいは意図的に攻撃的なスタート加速を求める場合にはBモードを選択する。
 点火タイミングはスロットルレスポンスと加速状況に合わせ最適化され、より効率的なスタートが可能となる。
 その後OFFモードに切り替わるタイミングは、Aモードと同様である。
3)スタートからその後の状況を3ステージにわけ、各々のステージにおいて最適化を実現。
 スタート時の状況を、
 ①スタートゲートが降りマシンが動き出す瞬間 ②マシンが発進し、スタートゲートを越える時 ③その後の加速時

以上の3ステージにわけて捉え、各段階で必要なエンジン特性に対して点火タイミングを最適化し、有効なトラクションを生み出すものである。

進化を続けるECMシステム

2008年モデルのRM-Z450に初搭載されたトラクション・マネージメント・システムは、2013年モデルで第2世代システムに代わり、2018年モデルでさらに進化を遂げた第3世代システムとして登場。最新型ECUは、初期型システムに比べ1.6倍のデータ処理解析と2.5倍のメモリ容量を備える。

全域でパワフルなエンジン

モトクロスでの激しい競い合いを征し、勝利を手にするために進化したエンジンは、一新された吸気システムとフューエルインジェクションシステムによりパワーアップされた。低中速トルクはさらに向上し、トルクカーブ全体はよりフラットに、リニアで確実なスロットルレスポンスとピークパワーを備える。

吸気システムについては、クリーナーBOXの構成を見直すことでエアフィルター開口部面積を30%拡大、アウトレットチューブの形状をストレート化することで吸気効率を改善し、出力向上に貢献した。
インジェクションシステムについては、燃料ポンプの供給圧の増加とともに、インジェクターをスロットルボディの下部に配置し、燃料をバタフライバルブへ向けて噴射することで、燃料の霧化を促進させた。
シリンダーヘッドについては、吸気ポート形状の変更により筒内のタンブルフローを強化し、燃焼効率を改善。
これらの変更に加え、インテークカムのリフトカーブを改良することで、全域での出力向上と優れたコントロール性を実現した。
その出力を受け止めるピストンにはピンボス間にリブが設けられ大幅に強度アップ、高出力エンジンの耐久性を高めている。

/motor/