RM-Z250

  • 販売店検索
  • 展示車・試乗車検索
  • イベント
  • カタログ請求
  • オーナーズマニュアル

激闘を制するために「走る」、「曲がる」、「止まる」の3つの基本性能を追求。
エンジン全域でのパワーの向上、先進の電子制御、
軽量化されたシャーシと前後サスペンションなど
先進のテクノロジーを投入。
スタイリングも一新し、更なる進化を遂げた
新型RM-Z250。

進化したトラクション・マネジメント・システム

スズキホールショットアシストコントロール(S-HAC)は、今回新たに非常に有効な機能として、スタート待機中のエンジン回転数にリミッターを追加した。これにより最適な回転数を維持しやすくなりスタート前のライダーを強力にアシスト。スロットルポジション、エンジン回転数、ギアポジションの情報から、点火タイミング、燃料噴射量を調整。エンジン出力を最適化し有効なトラクションによる優れたスタートダッシュ性能を発揮する。

S-HACモードセレクトスイッチはハンドルバー左側に配置され、速やかな操作が可能。

S-HACの特徴は、
1)スタートに際し、点火タイミングを最適化することで効果的なスタートダッシュをアシスト

2)路面状況に合わせて、2種類のモードから任意に選択が可能(OFFモード付)
 ●硬い路面、あるいは滑りやすい路面のスタート時には、Aモードを選択
 ●路面状況が良好でトラクションにも不安がない場合、あるいは意図的に攻撃的なスタート加速を求める場合にはBモードを選択

3)スタートからその後の状況を3ステージにわけ、各々のステージにおいて最適化を実現
 ①スタートゲートが降りマシンが動き出す瞬間
 ②マシンが発進し、スタートゲートを越える時
 ③その後の加速時

/motor/