GSX-S750 ABS

  • 販売店検索
  • 展示車・試乗車検索
  • イベント
  • カタログ請求
  • オーナーズマニュアル

スーパースポーツのDNAを受け継ぐGSX-S750 ABS。
それは、ストリートでのエキサイティングな走りのために生まれた。
GSX-R750のエンジンを継承し最先端のテクノロジーが投入されたGSX-S750 ABSは、
爽快なスポーツライディングを約束する。

ストリートを席巻する

GSX-R直系エンジンを搭載したストリートスポーツ「GSX-S」シリーズは真に走る楽しみを追求するためにレースで勝つためのテクノロジーを投入。
ミドルクラスネイキッドの中で大きな輝きを放つ。

GSX-R750のエンジンをストリート用にチューニング

GSX-R750直系のパワフルな749cm3水冷4気筒4ストロークDOHCエンジンは、ストリートやワインディングにおいて、そのパフォーマンスを最大限に発揮するためにチューニングされている。3ピースクランクケースの各シリンダー下方にベンチレーションホールを追加。これによりポンピングロスが低減。出力アップと環境性能向上に貢献。スズキデュアルスロットルバルブ(SDTV)は、効率の良い燃焼とスムーズな出力特性を可能にしている。ロングノーズタイプの10ホールフューエルインジェクターが燃料を微粒化し燃焼効率と燃費効率の向上に貢献。また、アイドルスピードコントロール(ISC)とイリジウムスパークプラグの採用により、ほぼリニアなスロットルレスポンスを発揮し、低速トルクの向上、優れた始動性、安定したアイドリングも実現。最終減速比をローギヤード化し加速性能が向上。6速ギヤはハイギヤード化しトップスピードを維持。パフォーマンスと環境性能を両立させたエンジンは、平成28年国内排出ガス規制に対応。さらに、燃料消費率20.1km/L(WMTCモード)の低燃費を誇る。
※燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

スズキイージースタートシステム

ワンプッシュで始動が可能なスズキイージースタートシステムを装備。スターターボタンを押すと一定時間スターターモーターが回転。ECM(Engine Control Module)が始動状況を認識してスターターモーターを止める。

ローRPMアシスト

発進時や低回転走行時に、エンジン回転数、ギアポジション、スロットル開度、クラッチスイッチの情報を用いて制御するローRPMアシスト機能を採用。発進時のエンジン回転の落ち込みが緩和され、スムーズな発進を実現。また渋滞時の低速走行や、Uターンの際もエンジンの回転の落ち込みを感じにくく安心感が得られる。

3モード トラクション・コントロール・システム

トラクションコントロールシステムを搭載。このシステムにより、エンジン出力を効率よく路面に伝えることが可能になり、より快適なライディングを楽しむことができる。点火タイミングとセカンダリスロットルバルブの開度により出力を制御するため、スムーズで自然なパワーコントロールが可能。システム稼働中においても、気にすることなくスポーツライディングが楽しめる。3つのモードの中から好みのモードを選択することができ、オフにすることもできる。各モードは、感度レベルの違いで分けられている。モード1は、スポーツライディング向けで、システムによるサポートを最小限に抑えている。モード2は、一般的な路面状況に対して理想的なバランスとなっている。モード3は、悪条件でのライディングに向いており、最大のトラクションコントロールを行う。
※トラクションコントロールシステムは、あらゆる条件下で後輪のスリップ(スピン)を完全に制御したり転倒を防止したりするものではありません。

左ハンドルバースイッチ

左ハンドルバースイッチにより、トラクションコントロールモードの選択、LCDインストルメントパネルの表示選択が可能。

/motor/