}
エアクリーナーの汚れ比較
2015/09/13更新
[その他の情報]
 点検でお預かりした車両のエアクリーナーです。
 一見すると、そんなに汚れていないように見えますが、新品と比べるとぜんぜん違います。
 
 こちらのお客様は、プラグとエアクリーナーを交換されました。納車前にご試乗いただいたコメントでは、「少しだけど、調子の良さが体感できる」 とのことでした。
 
 エアクリーナーの詰まりは、燃費やエンジンの寿命に直結してしまいますので、皆さんもお早めにメンテナンスをお願いいたします。
 
ちなみにオートバイのエアクリーナーは、ろ紙半湿式の物がほとんどで、本来は清掃不可で交換式です。
 
 スズキの一部で乾式の物もありますが、車と違って排気量が小さなオートバイでは、吸入負圧が弱くデリケートなため、エアブローで再使用するのではなく、交換した方が間違いありません。
 
(50ccの一部のスクーターでは、スポンジの湿式があり、これは一応洗って再使用が出来ますが、スポンジが、やせて痛んでしまう物が多いため、弊店では原則交換です。)
 
「エアクリーナーを清掃しておきました!」というバイク屋サンは、エアクリーナーの何たるかを知らない可能性がありますので要注意です!

ページトップへ